金融・保険

金融や保険業界で接遇研修を受けた企業の成功事例をピックアップして紹介します。

金融・保険の成功事例

金融業界や保険業界の中から、接遇研修で成功をおさめた事例を3つ取り上げて紹介します。どうして研修を導入したのか、その成果はあったのかなど参考にしてください。

事例1:大手金融機関

導入セミナー グローアッププログラム研修
導入した理由 女性の能力を最大限に引き出し、女性が活躍できる場を作るために組織として研修を行う必要性があると判断。現状をアンケート等で把握したうえで研修で議論を重ね、女性社員の意識改革や意思確認も行いたい。
成果 グローアッププログラム研修で重視している「自分へのコミットメント」を実現するため、貫くためのセルフコントロールについて研修した。仕事を通して自分の目標と向き合うことで、性別や制度という考え方よりも仕事に取り組む覚悟が必要だという意識を持つことができた。また、自分たちが自身を活躍できる環境を作っていくという考えを全体で共有できたのも良かった。
参加者の声 記載されていませんでした。
研修会社 ザ・アール

事例2:金融機関コールセンター

導入セミナー クレーム対応研修
導入した理由 クレームをもらっても発生した原因分析を行ったり情報共有したりする仕組みが存在しないため、同じようなクレームが発生してしまっている。この状況を改善するためクレーム対応研修を実施することとなった。
成果 クレーム対応について総合研修を行った。クレームを起こさないための応対、クレームが起きた時の応対、クレームを繰り返さないための原因の分析や情報共有の仕組みを演習を通して学習。その結果クレームに関する一般的な知識だけでなく、受講生にとってより現実的な内容となり、積極的に講義に関わるようになった。全体的な対応の水準が統一し、底上げされたと感じた。
参加者の声 記載されていませんでした。
研修会社 ザ・アール

事例3:保険業M社

導入セミナー わかりやすい文章を書く!文章力向上研修
導入した理由 営業サポート部門の業務品質を高める研修の一環として実施。誰が読んでも分かりやすく見やすい、伝わりやすい文章を書くための講義で、文章力の向上を目指したい。
成果 営業支援部門の51名が受講。2時間の研修だったがビジネス文書の役割として、書くことがコミュニケーションになることをレクチャーした。文章のメリットやデメリット、誰にとって分かりやすいのか、明確な目的を持って書く事などのカリキュラムで成果を目指した。
参加者の声
  • 文章を書くときには何のために書くのか、どうしたら分かりやすく伝わるのかを教えて頂いたので、明日からの業務に活かしていきたいです。少し考えるだけで印象が大きく変わるのだなと感じた研修でした。
  • 普段何気なく書いている文章でも改めて考えると難しいものだなと思いました。ただ聞くだけの研修ではなく参加型だったのであっという間に時間が過ぎました。
  • ワークの一つ「書き換え」が思っていたよりも難しく大変でした。簡潔に文章を書くのは難しいのだなと感じました。
研修会社 ザ・アール
ページの先頭へ