医療・福祉

医療や福祉業界の中で接遇研修を受けた企業の事例をピックアップして紹介します。

医療・福祉の成功事例

接遇研修を受けた企業の中から、医療や福祉業界の事例を選んで紹介します。それぞれの導入理由や研修後の成果、参加者の声を参考にしてください。

事例1:医療法人社団 青鶯会 鶯谷健診センター

導入セミナー 接遇&ビジネスマナー研修すべて
導入した理由 接遇やビジネスマナーをスタッフに身に着けてもらうため。また、社員のモチベーションを上げるため。
成果 スタッフが研修後、現場で良い動きをしてくれている。受診いただいたお客様から、お褒めの言葉をいただく機会が非常に増えた。
その結果、スタッフのモチベーションも上がった。
参加者の声
  • 講師の方がおっしゃっていた「患者様」という言葉にすべてが表れていました。これまでは、毎日ぼんやりと職場で働いていた自分でしたが、この研修を受けて生まれ変わることができました。
  • 部署の社員で受講しましたが、研修後には全員から「もっと受けたい」との声が挙がりました。
  • 自分をビデオで見て問題点を客観的に知り、実際の仕事で直すことができました。
  • たくさんのCAを育てられてきた実績に基づいた、実践的な内容であるところと、いつも熱と心のこもった研修をされているところが印象的でした。
研修会社 ANAビジネスソリューション

事例2:株式会社クカメディカル

導入セミナー 接遇力向上研修
導入した理由 全てのスタッフが同じレベルでお客様から評価を受ける業態のため。
成果 研修では知らなかったことを知ることができ、「なるほど」という気づきを多く得られるのを最初の目的とした。
スタッフが「研修は必要なものだ」と認識することでより深く理解し、現場でのサービス場面で適切かつ具体的な行動を起こすことができ、部門により差はあるものの研修後は個々のサービス力が安定してきたと感じられた。
参加者の声
  • 講師が全ての現場で今現在の課題点や改善点を洗い出してくれたため、研修にきちんと反映することができました。部門ごとのニーズの違いを理解してくれるので、長いお付き合いができそうです。
研修会社 コンフォルト

事例3:国立病院機構 静岡医療センター

導入セミナー 接遇力向上研修
導入した理由 従来の研修では患者さんの心に響かないと感じ、確実に患者さんの心に響く接遇研修を探していたところ、こちらに出会えた。
成果 お辞儀や笑顔といった表面的な接遇ではなく、本当に心に響く接遇をするための研修を実施。心に響くメカニズムから今日からできる技術や知識や経験がいらない心に響く瞬間づくりを明らかにし、本当に患者さんに喜ばれることが職人にやりがいをもたらすことを伝えた。
参加者の声
  • 事例をたくさん聞いて、自分も色々な言葉を患者さんから貰ったことを思いだしました。今までの自分と重ね合わせて講義を受けたことでとても感動しました。今後はサービスだけでなくホスピタリティの接遇を心掛けたいと感じました。
  • これまでやらされている感があった接遇ですが、義務感からでは患者さんの心に響かないものだと知りました。形にこだわるよりもオペレーションを超えた関わりをしていきたいと思いました。
研修会社 患者サービス研究所
ページの先頭へ