HOME » 真似るべき!業界別の接遇研修成功事例 » 接客・サービス業での接遇研修事例を紹介

接客・サービス業での接遇研修事例を紹介

サービス業の中で接遇研修を受けた企業の事例をピックアップして紹介します。

サービス業の接遇事例

サービス業者が接遇セミナーを活用してどのようなメリットを得たのかについてまとめています。自社で接遇研修の実施を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

事例1:RINX(リンクス)

導入セミナー 接遇研修
導入した理由 メンズ脱毛サロンであるRINXには、10代から70代まで幅広い年代のお客様が来店する。脱毛は長いものでは2時間ほどお客様とマンツーマンになるため、高いコミュニケーションスキルが必要。どの年代の方にも安心して施術を受けてもらうために、接遇研修を導入。
成果 スタッフが自信を持って接客ができるようになり、訪れる方にとって居心地の良い空間づくりができるようになった。お客様からも、RINXは接客が丁寧で親身に脱毛に関する相談に乗ってもらえると好評。接客を意識しすぎず、どうすれば喜んでもらえるだろうかと考えて作られたプログラムのため成果につながっているのではないか。
その結果、スタッフのモチベーションも上がった。
参加者の声
  • 研修当初は、知識や技術を自分に叩き込まなくてはと不安がありましたが、研修内容がとても充実していたため、自分の成長をしっかり感じることができました。
  • 講師がこちらの立場を考えてアドバイスしてくれるので、多くのことを学ぶことができました。人生で一番成長できたかもしれません。
  • 明るく楽しい研修でした!今まで生きてきた中で誰にも教えてもらえなかったことを吸収できて満足しています。
研修会社 リンクスホールディングス

事例2:ドコモショップ天理中央店

導入セミナー 店舗向け接客研修
導入した理由 従業員数5名の小規模店舗から10名以上の大型店舗へのリニューアルがあり、スタッフの増員とともに研修が必要になったため。また、リニューアルオープン時は、イベント開催の企画があり、混雑が予想された。スムーズな接客のためにも研修が必要だった。
成果 これまでの従業員も新しいスタッフも、1人ひとりの動きを把握し、連携をとれるように2日間のカリキュラムを実施。お客様へのサービスの必要性をロールプレイング形式で学びながら身につけてもらった。 1日目は、お客様がどういったところに満足するのかを軸に、期待に応える接客や話し方、良いイメージを持ってもらうための対応方法などの研修を実施。2日目は商品販売のノウハウやクレームの対応の仕方、そして将来の自分について話合い、研修は終了した。
参加者の声 記載されていませんでした。
研修会社 アーテック・ジャパン
いま求められる接遇研修とは?
ページの先頭へ