交通・運輸

交通や運輸業界での乗務員のマナースキル向上を行う接遇研修事例を紹介します。

交通・運輸の成功事例

タクシーや運送業などで必要となる乗務員のマナー。接遇研修事例の中でも成功例をまとめて紹介します。

事例1:北陸トラック運送株式会社

導入セミナー ステップアップ研修
導入した理由 記載されていませんでした。
成果 リーダー研修・ステップアップ研修にて自己分析やメンタルマネジメント、ビジネス分析・組織の目標共有、必要とされるリーダーシップ、部下の力を引き出すコミュニケーションなどの講義を実施した。
参加者の声
  • ついつい忙しさで現場のドライバーの声を聞き流していた状況で、コミュニケーション不足を指摘されてはっとしました。お客様にもそのような態度は伝わるのかなと思います。今後の課題としてドライバーとの信頼関係を築きながらお客様からも信頼されたいと思いました。
  • 話をするうえで自分と同じ考えの方は少ないことを考え、相手の話をしっかりと聞き取るようにしたいと思います。お互いに話を聞く態度があれば組織のコミュニケーションは取れるのだと感じました。
  • 研修を受けて自分は現在地がよく見えてない状況だったことが分かりました。今後は自己分析をしっかり行って、人生のベクトルを考えなおしたいです。
研修会社 ドリームワークス

事例2:運輸・倉庫業種

導入セミナー CS推進リーダー力向上研修
導入した理由 鉄道業界向けの研修でスキル強化を行い、チームでCS(顧客満足)向上を実現できるようにと考えた。
成果 CSを向上させるマナーをまず再確認することで、例えば”落ちているごみを拾う””元気に挨拶をする”といった細部にこだわれるようにマナー定着を目指した。そのえで周囲との調整スキルを身に付けながら、CSを考えるワークやロールプレイングなどを盛り込むことで研修効果を高めた。
参加者の声
  • 講義で一番印象的だったのは、自分自身ではできていると思っていた敬語でした。適切な敬語を使えていなかったことに気づく事ができたので、改めて勉強しなくてはと感じました。
  • 今回の研修を通して意見交換やロールプレイングで、今までできていると思っていたことができてなかったことに気づき驚きました。自身の接客を見直す良い機会になったと思います。今後はリーダーとしての姿勢を身に付けて、職場で力を発揮したいです。
研修会社 インソース

事例3:羽田空港新国際線旅客ターミナル

導入セミナー 接客コミュニケーション研修
導入した理由 羽田空港の国際化に伴い、今まで以上に多くの外国人と接する機会が増えるため、外国語による接客スキルの向上を重視した研修を導入した。
成果 特に中国人観光客の増加に伴い、ブランド店や老舗ホテルでは中国語研修の依頼が増加。ただ外国語スキルを磨くだけでなく、おもてなしの心から生まれる”接客コミュニケーション術”を身に付けてほしいため、経験と実績に基づいたエッセンスを含めた研修を中国語・韓国語・英語対応で行った。
全ての空港案内スタッフを対象にした接遇や語学、文化などの教育研修で日に日に接遇の重要性が認識されたと思われる。
参加者の声 記載されていませんでした。
研修会社 キャプラン
ページの先頭へ