HOME » 日本を代表する接遇研修会社 全リスト » ANAビジネスソリューション » ANAビジネスソリューションの創業者

ANAビジネスソリューションの創業者

ANA ビジネスソリューションズの創業者情報を得られなかったため、現在の代表取締役社長である矢澤潤子氏のプロフィールや人材育成にかける想いについて紹介します。

代表取締役社長”矢澤潤子”氏のプロフィール

  • 1987年:全日本空輸入社、国内線・国際線のチーフパーサー、VIPのフライト同行を経験
  • 2001年:管理職に昇格、客室乗務員のマネジメントに携わる
  • 2012年:ANAグループの訓練センター客室訓練部長に昇進、客室乗務員の訓練を行う
  • 2016年:ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長に就任

矢澤潤子氏の考える「人材」とは

ビジネス領域の高度化・複雑化が進んでいく時代のニーズにも対応できる、専門性と人間性を併せ持つ人こそが、お客様に選んでいただける「人材」であると矢澤潤子氏は考えている。

「品質」は自ら創るものであり、「信頼」はお客様からの評価の結果としていただくもの、というコンセプトを掲げて、社員一人ひとりのサービスの品質向上に徹底的にこだわっている。今後も社員のサービス品質向上のため、専門性と人間力に磨きをかけるべく、日々接客や接遇研修といった教育体制に力を入れていくそう。

顧客から選ばれるために力を入れている点

矢澤潤子氏は、派遣スタッフ一人ひとりのスキルアップに力を入れている。教育や接遇研修の体制を整えて、優れたサービスを提案。スタッフの専門性を高めて付加価値を上げることに注力している。

ビジネスマナー研修には、客室乗務員経験者が講師として指導。「相手への気づかいや、思いやりを行動として伝える」というANAグループの考え方が、派遣スタッフに浸透するように取り組んでいる。派遣スタッフ一人ひとりが質の高いマナー研修を行う姿勢が、顧客からの高い評価につながっているのだろう。

今後の取り組みについて

「顧客側の目線に立って、最高の価値を生み出せる人材を確保し、提供できるように取り組んでいきたい」という考えのもと、派遣スタッフをサポートするコーディネーターの役割が重要という考えを持っている。派遣スタッフに対してコーディネーターが丁寧に対応して、より多くの派遣スタッフの能力を引き出していくよう尽力していくとのこと。

ANAビジネスソリューション株式会社の企業理念

経営理念

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢あふれる未来に貢献。

経営ビジョン

お客様満足と価値創造で、世界のリーディングエアライングループを目指す。

行動指針

ANAグループは5つの行動指針を掲げて取り組んでいる。

  • 安全:経営の基盤は安全。安全なサービスを提供し続けます。
  • お客様視点:常にお客様の目線に立って、最高の価値を生み出すために取り組みます。
  • 社会への責任:公正かつ誠実に、社会貢献できるように取り組んでいきます。
  • チームスピリット:チーム一丸となって行動し、業界や業種などが異なるさまざまなサービスに対応できるように行動します。
  • 努力と挑戦:グローバルな視点を持って、ひたむきに努力します。

 

いま求められる接遇研修とは?
ページの先頭へ