社員教育研究所 創業者

株式会社社員教育研究所の創業者情報を得られなかったため、ここでは代表取締役社長を務める”元橋康雄”氏についてまとめてみました。

代表取締役社長”元橋康雄”氏のプロフィール

  • 1959年:日本大学芸術学部を卒業
  • 1967年:財部一郎氏(株式会社社員教育研究所の代表取締役会長)とともに、企業内教育の開発や販売を行う株式会社社員教育研究所を設立
  • 1979年:管理者としての知識理論を身につける「管理者養成学校」を開校し、校長に就任。社会人としてのマナーやビジネスの基本を徹底的に叩き込む、「地獄の訓練」はテレビで取り上げられるほど有名
  • 2004年:修了生が13万人以上を突破
  • 2005年:株式会社社員教育研究所の代表取締役に就任。全国各地を回り各種団体、経営者に向けて人材育成をテーマとした講演活動を実施

社員教育研究所の人材育成における三つの柱

元橋康雄氏が代表を務める株式会社社員教育研究所は、人材育成企業のパイオニアとして三つの柱のカリキュラムを作成し、事業を展開しています。

第一の柱:管理者養成学校 訓練コース

創業して以来、各界から注目を集め、高い評価を得ている。「知っていること」を「できること」へと変える、実践的な能力訓練を主体としている。マナーや礼儀の再確認、管理者として意識改革、表現力・行動力豊かな人間力を身につけられるカリキュラムとなっているのが特徴。

第二の柱:セミナーコース

独自手法である「会議式リーディング」により知識を補い、論理的思考を高めて、どんな状況にも対応可能な柔軟な発想力と、アイデアを実行する行動力向上のトレーニングを中心としたカリキュラム。

訓練コースとの違いは、行動や意識だけでは補えない内面的な素養に重点を置いていること。リーダー、もしくはチームの一員として活躍するために必要となるヒューマンスキルと、物事の本質を把握するコンセプチュアルスキルを身につけられる。

第三の柱:グローバル人材養成

短期間のうちに実践的な英会話力が身につけられるカリキュラム。他社の英会話スクールにはない、訓練コースの指導方法を取り入れた「ハイスピード英会話」を学ぶことができる。

株式会社社員教育研究所の企業理念

経営理念

顧客を第一に考え、人材育成企業としてプライドと責任を全うすることを経営理念としている

経営方針

人材育成という気高い使命のもと企業と社会の成長発展に貢献し、社員とその家族の幸福と生活の向上に努めている

いま求められる接遇研修とは?
ページの先頭へ