HOME » 日本を代表する接遇研修会社 全リスト » リンクスホールディングス

リンクスホールディングス

リンクスホールディングス(RINX PLUS)とは

リンクスホールディングス(RINX PLUS)は、全国に41店舗を展開するメンズ脱毛専門サロンRINXを運営している評判の会社です。RINXがより良いサービスを提供するために、求人や人材育成、設備の開発などを行なっています。

リンクスの特徴は、スタッフ全員が男性で正社員というところ。ほかのサロンがアルバイトを雇っているなか「美容やサービス業界において、男性が高い給与を稼ぎながら活躍し続ける企業を作りたい」という願いのもと、正社員のみでの採用を貫いています。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)が行う接遇研修の評判は?

接遇研修が行なわれるようになった背景

RINXの創業当時は脱毛技術に関した研修のみしか実施していませんでした。しかし、店舗や来客数が増えるにしたがって、技術以外の面でも顧客に喜んでもらえる部分を模索しはじめました。その中で見つけたのが接客や接遇でした。

4種類の教育研修と3種類の接遇研修

接客や接遇の面を向上させるために、RINXでは役職ごとに4種類の教育研修に加えて、3種類の接遇研修を2016年から実施しています。現在では社員全員に行なわれる必須の研修として接遇研修が組まれています。

この研修は月に1回実施されており、店舗によっては週に1度スタッフのレベルをチェックするところもあるようです。

接遇研修の内容

幅広い年齢層に則したコミュニケーション能力の向上

RINXには10~70代までの幅広い年齢層の来客があります。施術を行なっていくうえで、コミュニケーションは必須事項です。しかし、すべての年齢層で同じ対応を行なっていては親近感が感じられず、再来店につながりません。

そこでリンクスの接遇研修は、来店するお客さまの年齢層に応じて、最適なコミュニケーションを取るための研修を行なっているのです。

研修後のスタッフの変化

最初はさまざまな知識や技術を覚える必要があり、不安を感じる社員もいたようです。しかし研修中は講師が寄り添いながら的確なアドバイスを行なうため、理解しやすく成長を実感しながら講義を受けられると評判に。

講習を受ける前には、気分次第で態度を変えたり、あまり話を聞かずに仕事を行なっていたりしていた社員もいたそうですが、講習後は「相手の話をよく聞けるようになった」「自分の感情に任せた接し方では、悪いサイクルしか生まないことがわかりました」と変化を感じる社員が多いのだとか。

またお客さまからは、接客やスタッフへの対応が変わったことで、居心地の良いお店に変わったという声もあがっているそうです。

代表の理念

代表取締役社長“讃岐交雄”氏の思い

創業当時からのコンセプトである「メンズ脱毛をもっと身近に」を実現するために、メンズ脱毛に行きたくても行けない男性たちが、気軽に来店できるお店作りを心掛けてきたという讃岐社長。

その甲斐あって、述べ12万人のお客さまの来店に繋がったことに大きな喜びを感じる一方で、RINXが唯一無二のメンズ脱毛専門店であることに使命に感じているそうです。その使命を実現するために「メンズ脱毛でお客様の人生をより彩る」という企業理念を掲げています。

讃岐社長自身もヒゲや体毛に悩みを抱えていた経験があり、脱毛をした際に人生が変わるほどの感動を味わったそう。そこで、メンズ脱毛で同様に大きな感動を多くのお客さんに届けたいという想いを持ったということが、この企業理念の根底にあります。

そのためには、スタッフの知識や高い技術力などが重要だと考え、本部で徹底した技術研修を実施して、顧客満足度を高める取り組みを行なっています。

讃岐交雄氏インタビュー

Q.リンクスに入社したきっかけは?

私はRINXが社員に向けて掲げているコンセプトを見た瞬間に、「こんな素晴らしいコンセプトを掲げている会社があるのか」と衝撃を覚えたのがきっかけです。社員を駒としてしか見ずに邪険に扱われる待遇を経験したことがあります。そんな私にとってRINXが掲げているコンセプトは魅力的で、この会社に入社できれば自分の人生が変えられると考えました。RINXに入れるかどうかでこれからの自分の未来を大きく変わることを直感的に感じ、全身全霊をかけて入ることを志しました。

Q.学生時代~社長になるまでの間にあった漢らしいエピソードは?

入社前の私は大阪に住んでいて、面接の際に「御社(RINX)に採用が決まったら8年間付き合っている彼女と入籍をし、命を懸けて努めます!」と豪語したのを覚えています。面接官にその情熱と覚悟を見込まれ、採用の運びとなったのです。そして、入社半年で東京池袋5号店のオープニング店長に任命されました。入社半年で店長に上り詰めたのは、RINX史上最短の記録だそうです。

Q.大切にされている仕事のポリシーは?

私は「相手主体の完璧の追求」を仕事のポリシーとしています。これはRINXの考え方のひとつで、どんな状況でも対象となる相手のことを想い、考えに考え抜いて「何を求めているのか?」「どうしたらいいのか?」「相手はどんな気持ちか?」など相手になりきって物事を考えることです。これはお客様や社員に対しても同じで、常日頃から相手のことを考えることでたくさんの気付きや改善に繋げられます。関わるすべての人を大切にする企業であるため、私はこのポリシーを持って仕事を行なっています。

Q.社員・スタッフに対する気持ちは?

私は社員一人ひとりを本当の息子のように大切な存在だと思っています。また、全社員に対して分け隔てなく、同じ熱量で愛情を持って接しているつもりです。私は自分の命に変えてでも、全社員が最高の人生を歩めるよう導いていきます。彼らへの想いはどこの企業様にも負けていないと自負。どれだけみんなが楽しく働けるか、どれだけみんなが描いた夢をサポートできるか、どれだけみんなを一流と呼ばれるプロフェッショナルに育て上げることができるか。それらを実現させるための環境を作るのが、自分の役目だと思っています。全社員が抱いているRINXへの期待にこれからも全力で応え続けるつもりです。

Q.お客様に対する気持ちは?

私は常にRINXのメンズ脱毛でお客様の人生を彩りたいと考えています。脱毛によって男前になってもらうのはもちろんですが、RINXがお客様の人生において1つの生き甲斐になれたら良いなと思っているんです。

そのために、設備の充実さやリラックスできる空間の提供、かゆいところに手が届く脱毛機の開発などを行なってきました。でも、一番大切なのはお客様と従業員という枠を超えて、人と人が接することだと思うんです。

お客様に「また来たい」と思ってもらうには、働く人間の魅力や接客力を高めてあげることが大切だと考えています。なので、RINX社員一人ひとりの育成に力を注ぎ、ときには大型研修を行なって従業員同士が切磋琢磨しあえる機会を設けています。

Q.前職の経験で培われたスキル・知識について教えていただけますか?

前職はホテルのフロントマンをしていました。小さなお子さんから会社社長まで接する人に合わせて、臨機応変に対応しなければなりません。なので、ビジネスマナーをはじめ言葉遣い、経済の流れを先読みする力などを培いました。しかし、フロントマンをやっていて1番勉強になったのが、最高の笑顔を常に絶やさないことが大事だと言うことです。

笑顔でいると、疲れた顔をしたお客様の顔がふっと緩むんですよね。そういった場面に何度か居合わせたことから笑顔はお客様の疲れを癒す大切なものだと学びました。なので、笑顔には自信があります。

Q.仕事で1番うれしかったことは何ですか?

2年前に、夢や自分の人生が何も見えなくなっていた社員がいました。私がその社員の最終面接を担当したのですが、RINXの企業コンセプトである「仲間の人生に豊かさと可能性を」という言葉に感銘を受け、2年以内に幹部に昇格するという目標を掲げて見事に達成したときは嬉しかったですね。また、その社員は両親へ感謝の気持ちを込めてバリ旅行に連れていくのを実現させ、言ったことをしっかり実行する男に成長してくれたことも心から嬉しく感じています。仕事をやっていて嬉しいことは、仲間の成長と夢の実現にほかならないですね。

Q.仕事で1番つらかったことは何ですか?

私が仕事で1番つらかったのは、自分が仲間たちの幸せを叶わす立場でありながら、自分の努力が足りなかったがゆえに過去にいた仲間にRINXを退職するという選択をさせてしまったことです。「社員の人生についてもっと考えてあげられなかったのか」「もっとほかの道へ導く力をつける努力ができなかったのか」と自分自身を責めました。そんな経験があったからこそ、今では人を導けるように自身が成長し続けるための努力を怠らないようになりました。これからも自分の人生をかけて仲間を預かっていきます。

Q.美容・接客業のやりがいを教えていただけますか?

人としての魅力をどこまでも高めることができるのが、大きなやりがいと言えます。

人は見た目が変わると中身も変わります。見た目が理想に近づけば近づくほど、自信が生まれてくるものです。

美容とは、見た目を最大限に磨き上げることで、その人の価値を高めることができる行為。本人だけでなく周りの人たちにも魅力的に感じてもらうことができます。

また接客業は、人としての立ち振る舞いを多く学ぶことができる素晴らしい職業です。接客業を極める=一人ひとりのお客様の心によりそう「ホスピタリティ」を極めること。それを習得できれば、仕事はもちろんのこと、日常のどんな時でも思いやりにあふれる行動が自ずからできるようになります。

Q.影響を受けた偉人や有名人は?

私が影響を受けたのはエイブラハム・リンカーンです。彼の言葉は誰もが心打たれるものだと思いっています。とくに好きな格言が「君の決心が本当に固いのなら、すでに希望の半分は実現している。」という言葉です。この言葉には続きがあり、「夢を実現させる強い決意こそが、何よりも重要であり決して忘れてはいけない」と続きます。

この言葉を聞いた時は、強い衝撃を受けました。自分自身がこの先を歩むうえで「断固たる決意」を必ずもって、歩んでいこうと誓ったんです。その誓いがあったからこそ、今がありこれからがあるのだと思っています。

Q.小さい頃どんな子供だったか

しょっちゅう絵ばかり描いていました。勉強はできた方ではなかったのですが、絵を描けばコンクールで必ず賞を獲るほどでしたよ。

物事に集中しやすいタイプなので、集中×絵の組み合わせが、コンクール受賞と言う結果に繋がったのかもしれません。

小さい頃の友達は、深く狭く付き合う関係の子が多かったです。今は代表取締役という立場上、色んな人と関わる機会が多いので広く深く付き合っていければいいなと思っています。

Q.仕事で苦労したことと、それをどう乗り越えたか教えていただけますか?

売り上げをあげたくて躍起になっていたのですが、まったく売り上げがあがらずにくじけそうになりました。その時に先輩から「今の君はお客様だけでなく、お金を見ている」と言われたのを覚えています。その一言で、本当に大切なのはお客様にどれだけ喜ばれるかという基本に立ち返ることができたのです。そこから改めて一からお客様に感動を感じてもらえることだけを意識した結果、顧客満足度がアップして売り上げも激変しました。

Q.座右の銘は?

「現状とは、良くも悪くも全て自身が選んだ結果である」

Q.休日の過ごし方は?

私は仕事が大好きですが、仕事をがんばれるのは家族のおかげです。なので、休みの日には妻・娘・息子と僕の4人で出かけるようにしています。

家族と過ごすと無垢な愛情が湧き出てきて、優しい気持ちになれます。一生をかけて守っていきたい宝物です。

家族のおかげで私は好きなことができていると思っています。

Q.最近興味があること

最近は弓道に興味があります。

人間性や品性を洗練させていくには精神力・集中力を高める必要があると思うんです。なにか良い方法はないか考えた結果、心身を鍛えるには弓道が最適かなと思い至りました。今はまだ実行にうつせていませんが、弓道にとても心惹かれています。

Q.長所と短所

自分でいうのもなんですが、素直さが私の長所だと思っています。小さい子から年長者まで、どんな人でもそれぞれの考えがあり、意見があります。話を聞くことで、自分が気づけなかったことに気づけることが多いです。この素直さのおかげで多くの人から知恵や知識を頂いて、自分自身たくさんの武器をもてたのだと思っています。

短所は考えるよりも先に、行動してしまうことです。反射的に行動してしまうところがあるので、それを直すために、行動する前はまず足を止めて考えることのトレーニングをしています。

Q.事業に関する今後の展望は?

企業コンセプトである「メンズ脱毛をもっと身近に」を誰が見ても実現されているものにするため、日本全国にRINXを店舗展開したいです。47都道府県に展開したあとは、いずれは世界各国にも展開することを目指しています。

Q.社員とのコミュニケーションで気をつけていることは?

感謝の気持ちを伝えることです。それから褒めることと、気づきを与えることを意識しています。今の自分が自分でいられるのは、社員のみなさんがいてくれるからです。

「社員のみなさんが頑張ってくれている、それは当たり前のことではない」という事実を忘れずにいることで、感謝の気持ちをもって社員に接することができます。

人は褒められる、承認されることで心が満たされるもの。ですので、必ずその人の良いところに目を向けています。さらにその人が良くなるためにはどうすればよいのか、気づいたことをしっかり伝えます。

Q.人材育成についてどのようにお考えでしょうか?

人は企業にとって最も価値のある「財産」です。人材育成とは、その財産を守りながらも磨き続けて、誰もが欲しがるような財産となるよう育て上げること。そのための環境を用意することが、企業としての使命だと思っています。

Q.人の成長に必要だと思うものは何でしょうか?

「素直さ」や「固定概念にとらわれないこと」は大切だと思います。そして、学ぶ気持ちを持ち続けること、感謝の気持ちを忘れないこと、相手にも自分にも言い訳しないことが、人として成長するうえでは必要不可欠だと考えています。

Q.RINXのサービスやブランドに対する想いを教えてください。

世の中には様々なサービスが存在しますが、対面サービスが一番人の心を動かす仕事だと私は思っています。

脱毛という業界は、サービス業の中でもお客様と過ごす時間が長い仕事です。その中でRINXというブランドは、お客様の心に寄り添うことを考え続け、駆け抜けてきました。そしてこれからも、お客様に感動を届けることを考えています。

サービス業界の中で先頭を走る企業として、RINXブランドを創り上げていきます。

Q.メンズ脱毛の市場展望は、これからどうなっていくとお考えでしょうか?

今、時代は清潔感重視で、見た目も心も美しい男性が求められる方向へ向かっています。メンズ脱毛業界は今後ますます発展する、可能性に満ち溢れた市場だと考えています。

Q.学生時代の将来の夢は?

昔から絵を描くのが好きで、大きくなっても絵に対する情熱が消えなかったです。なので学生時代は漫画家になろうと思って、色々と悪戦苦闘していました。当時は大坂に住んでいましたが、東京の出版社によく持ち込みへ行っていましたね。夢を実現しようと頑張っていました。

学生時代の夢と今は違っていますが、学生時代の夢があったからこそ今の自分がいると思います。

Q.いつ頃から代表になることを意識したか

入社した当時は、まさか自分が代表になれるとは思っていませんでした。でも仕事をしていくうちに、代表になるためのチャンスが得られると気づいて、大きく意識するようになりましたね。

意識の変化と共に、状況も環境も代表になるための道筋が開かれました。RINX入社半年で池袋5号店の店長に至ったのも、意識の変化によるものが大きいと思います。

RINXのモットーに「仲間の人生に豊かな可能性を」と言うのがあります。そのモットーのおかげで私の人生は変わりましたし、RINXの代表になりたいという強い思いが現れました。

あと、先代の社長の存在も大きいですね。かなり影響を受けました。

Q.尊敬している人は誰ですか?また、その理由も教えてください

先代のRINX社長です。私のことを飛躍的に成長させてくれました。私だけでなく、私の周りの人たちも豊かにしていく力を与えてくれた方です。どんなシチュエーションでも対象となる相手を深く追求し、相手が心の奥で思っていることを見抜いてその期待以上に応えて感動を与えていました。どんな状況でも相手を想える器の大きさと、どうしたら人が最大限の力を発揮できるのか確実に見出す圧倒的な思考力は、私にとって永遠の憧れです。

Q.長嶺社長の尊敬しているところは?

長嶺社長はまさに「社長」という肩書きに相応しい方だと思います。会社を経営するうえで重要な経営力や人に対する指導力の高さ、トラブルに直面した際の頭の回転の早さが圧倒的です。また、社員一人ひとりへのさりげない心遣いも持ち合わせています。何をとっても一級品であり、常に私に刺激を与えてくれる大切な存在。経営者として、また1人の男としても尊敬できるところが多い優秀な社長です。

讃岐社長プロフィール

讃岐社長の人となりを知ってもらうために、プロフィールを少しだけ紹介します。

  • 名前:讃岐 交雄
  • 血液型:O型
  • 家族構成:妻、長女、長男の4人家族
  • 出身:大阪
  • 好きな言葉:ありがとう

讃岐社長の略歴

  • 2017年:株式会社リンクス 代表取締役副社長就任
    株式会社リンクスホールディングス 代表取締役副社長就任
  • 2018年 株式会社リンクス 代表取締役社長就任
    株式会社リンクスホールディングス 代表取締役社長就任

代表取締役社長“長嶺拓”氏の思い

長嶺社長が初めてメンズ脱毛に出会ったのは18歳のころ。当時はメンズ脱毛という言葉はなく、脱毛は女性が受けるものというイメージがあったそう。

男性向け脱毛はありましたが、脱毛サロンや美容クリニックのおまけ程度の扱い。女性に混じって恥ずかしさを隠しながら施術を受けた経験があるとか。その経験から、もっと脱毛が受けやすくならないものかと考え始めたのだそう。

そこから生まれたのが、メンズ脱毛専門店というサロンの形態。女性がいると恥ずかしいという経験から、RINXでは男性の脱毛技能士のみを採用し、男性に特化したオリジナルの脱毛メニューを実施しています。

今ではメンズ脱毛の認知度が上がり、男性が脱毛を受けるのも昔に比べて抵抗が少なくなりました。しかし、男性の脱毛に対する偏見はいまだに残っているのが現実。長嶺社長は、「男性も脱毛するのが当たり前の時代を創っていきたい」という想いで、経営を行なっているそうです。

長嶺拓氏インタビュー

Q.リンクスに入社したきっかけは?

サービス業や飲食店を経験し、これからの自分に合った仕事を探していくうちにメンズ脱毛専門店という業種に出会いました。私は過去に女性も通う美容クリニックで脱毛した経験があったので、その時に「男性専門のサロンがあったら良いのに」と強く思ったのが入社のきっかけです。当時はまだRINXの店舗数は少なかったのですが、今度確実に成長する業界だと直感的に思ったのを覚えています。また、どうせやるなら自分が経験してきた「男性が脱毛を受けるのは恥ずかしい」というネガティブなイメージを変えてやろうという強い気持ちをもっていました。

Q.学生時代~社長になるまでの間にあった漢らしいエピソードは?

漢らしいと言えるかはわかりませんが、学生時代にどこまで頑張れるか試したことがあります。夏休みにアルバイトを3つ掛け持ちし、寝る間も惜しんで働いていました。アルバイトごとの移動中に仮眠をとって労働時間の限界に挑戦した結果、お給与の額が当時では衝撃的だったのを覚えています。思い返せば良い思い出となっていますが、今同じことをやれって言われたら絶対にやりたくないですね(笑)。

Q.大切にされている仕事のポリシーは?

私が大切にしている仕事のポリシーは「Be Gentle」です。お客様をはじめスタッフ、お付き合いさせて頂いている企業、どの人においても自分主体ではなく相手主体で接することを大切にしています。どんな仕事でも、周りの協力がなければできません。そのため、接するすべての人に対してジェントルマンであるべきだと私は考えております。それは優しくしたり、礼儀正しくしたりするというわけではありません。相手を思いやり、全力で考えて物事を伝えることが信条なのです。

Q.社員・スタッフに対する気持ちは?

スタッフ一人ひとりが、自分の人生において主役という気持ちを持ってもらいたいですね。入社間もないスタッフが幹部昇格を目指して全力で自分の人生を切り拓いていく意欲があれば、私にできるサポートは惜しみなくしていくつもりです。また、店舗数や社員数が少ないとき、苦しい状況を共に乗り越えてきてくれたスタッフ全員にただ感謝の一言に尽きます。

Q.お客様に対する気持ちは?

私が初めてメンズ脱毛と出会った時は、女性も多く通うサロンでした。女性だらけのなか1人だけ男性が混じるというのは、やはり恥ずかしいものです。でも、脱毛すればすっきりするし自分にも自信がつくし、男性が脱毛を受けるメリットは大きいんですよね。ところが多くの男性は「脱毛をするのは恥ずかしい」「男らしくない」などのマイナスなイメージを抱いていると思います。私は、そのイメージをRINXのスタッフとともに払拭していきたいんです。私をはじめ、RINXのスタッフは脱毛経験者が非常に多く、脱毛のメリットを享受しています。施術者も脱毛していると分かればお客様も安心できるし、世の中にあるメンズ脱毛のイメージを変えることができると思っています。

「脱毛は女性だけのものではない」という概念を浸透させていくにはもう少し時間がかかると思いますが、最近では「メンズ脱毛ならRINX」と思ってきてくれるお客様も増えてきました。そのようなお客様には本当に感謝しております。

Q.前職の経験で培われたスキル・知識について教えていただけますか?

前職は接客業をしておりました。また、店舗運営を任されたこともあります。そのなかでマネジメントや経営について楽しさも難しさも学びました。そこで培った経験がRINXにも生かされていると思っています。

しかし、まだまだ学ぶことが多く、自分の力不足を感じることも少なくありません。多くのお客様に喜ばれる仕事をするためにも、学び続けていきます。

Q.仕事で1番うれしかったことは何ですか?

オープンして間もない店舗を私がひとりで営業していた頃、仲間をたくさん増やしてRINXを盛り上げたいと考えていました。お客様を喜ばせることはもちろんですが、仲間がどんどん増えてきたとき、「お客様と同じくらい仲間も喜ばせたい」という気持ちが芽生えるようになったのです。それからはお客様と仲間が喜ぶ環境を作りたいという一心で仕事に励みました。その結果、お客様からは「RINXがどんどん大きくなってくれて嬉しい」という言葉を頂き、仲間からは「RINXに入社して良かった」と言ってもらえるように。その時は身体が震えるくらい嬉しかったですね。

Q.仕事で1番つらかったことは何ですか?

私はヒゲやムダ毛に対してコンプレックスを抱えていた時期があり、18歳の頃に初めて脱毛を受けました。同じような悩みを持った方に対し、全店舗・全スタッフがコンプレックス解消に向けて全力でサポートしています。しかし、さまざまな理由から脱毛できない方や、途中で脱毛を断念せざるを得ない方もたくさん存在しているのです。RINXに通っていたお客様が転勤になったとき、「異動先にRINXの店舗がないからもう脱毛が受けられない」と言われたときは、自分の力不足を痛感しました。

Q.美容・接客業のやりがいはありますか?

美容業ならではのやりがいは、たくさんの感謝の声をいただけること。過去に経験した飲食業と比べて、圧倒的に喜びの声をいただける機会が多いです。

美容施術を受けられる人は悩みを抱えていることが多いため、コンプレックスから解消されたときの喜びが大きいのでしょう。

とくに脱毛は、ハンドエステよりも変化がわかりやすい分野です。施術回数を重ねるごとに毛の悩みから解放され、喜んでくださるお客様を何人も見てきました。

感謝を伝えてもらう度に、この仕事をはじめて良かったと感じます。

Q.影響を受けた偉人や有名人は?

私は坂本龍馬が好きです。常識に囚われず、新しいことを取り入れていくバイタリティに感銘を受けますね。坂本龍馬が物おじせずに外国との貿易を行なって日本の改革を進めていった姿には、理想の経営者像がそこにあるといっても過言ではないでしょう。それと、坂本龍馬は老若男女問わず人気があります。多くの人から愛されているという点でも、人間としても魅力的な偉人だと思いますね。

理想の経営者像として、坂本龍馬と同じくらいに尊敬しているのが渋沢栄一です。

みずほ銀行や東京ガス、王子製紙などの前身となる、多くの日本企業の発展に貢献した人物なので、彼の経歴を見ると自分の小ささや至らなさを感じます。その経歴を見ると、将来どのような展望をもつべきか考えさせられます。

Q.小さい頃どんな子供だったか

子どものときは、何にでも興味をもつ子でした。ただ興味は持つものの、冷めるのも早くて…(笑)。いわゆる、「広く浅く」タイプですね。でも、色んなことに興味を持つおかげで、知識や見聞という面では、かなり視野が広がったと思います。

何にでも興味をもつ小さい頃からの性格が、今の私を作ったといってもいいでしょう。おかげさまで、長年追い求めていた「経営者になる」と言う夢を叶えられました。しかし、これで終わりではなく、まだまだやることはたくさんあります。気を引き締めて取り組んでいきたいですね。

Q.仕事で苦労したことと、それをどう乗り越えたか教えていただけますか?

私が入社して間もない頃、来店されるお客様は「ひげ脱毛はしてもいいけど体は恥ずかしい」といった方が多く、男性が脱毛することは後ろめたいといった意識を持たれていました。一方で、脱毛したいけど言い出せない方もいたのです。そんな方に私は自分の体験談や脱毛した自身の足や腕を見せ、魅力を伝えることで心を開いてくれました。

Q.座右の銘は?

「誰だって自分の人生という物語の主人公」

Q.休日の過ごし方は?

あんまり外出はしないですね。仕事の時はバリバリ働いて、休みのときはしっかりと休む、そういった感じです。でもせっかく自宅にいるなら、何もせずに過ごすのはもったいないので、なにか自宅でできる趣味を探しています。

Q.最近興味があること

今流行りのVRに興味があります。VRはゲームといったエンターテイメント事業での活用が目立ちますが、企業の研修でうまく取り入れることができないかと思っているんです。

ゲームを研修に取り入れるという点で、世界的なファーストフード店として有名なマクドナルドもニンテンドーのDSを研修に導入していますよね。

ゲームを使えば、まずどんなものが必要でどういう風に使っていくか…というのが学べます。指導する人の負担を軽減できるし、ゲームって若い世代になじみ深いと思うから、VRを使った研修はすごくいいなと思うんですけどね。

Q.長所と短所

気になることや興味があることは何でも調べ尽くして追求する部分が長所だと思っています。ただ、長所が短所にもつながっていて、一度気になるとその1点に集中してしまい、ほかのことが後回しになってしまうこともあるんですよね。色んなことをこなせるようになるのが、今の私の課題だと思っています。

Q.事業に関する今後の展望は?

RINXでは「メンズ脱毛をもっと身近に」というコンセプトを掲げており、まずはそれを本当の意味で実現させたいです。そのため、全国にRINXを展開していきたいと考えています。日本全国どこにいても男性が気軽に脱毛が受けられる環境をつくっていくことが今後の展望です。その環境が整って脱毛を受ける男性が増えていけば、メンズ脱毛に対する世の中のネガティブなイメージも変えていけると信じています。

Q.社員とのコミュニケーションで気を付けていることは?

人一倍気を付けているのは、社員たちの行動や言動の変化です。人は落ち込んでしまうといつも通りの行動や言動をしていても必ず変化があるので、そこに気づいてなるべくケアするようを心がけています。なかなかすべての変化に気づくことは難しいですが、社員全員と常に一緒にいることはできないので接したり会話をしたりする際には気づけるように気を付けています。

それから、社員には感謝の気持ちを伝えるようにしています。今の自分がいるのは社員のみんなのおかげだと思っているので、「社員が頑張ってくれるのは、当たり前ではない」ということを忘れず、良いところをに目を向けて褒めるようにしています。

Q.メンズ脱毛の市場展望や可能性についてお聞かせください

今はまだ「脱毛=女性が受けるもの」という考えが一般的に根付いているのが現状で、男性は脱毛サロンに通いづらい傾向があります。

しかし、その既成概念さえ打ち破ればメンズ脱毛が普通になる日はそう遠くないはずです。

メンズ脱毛のことを多くの人に知ってもらい、男性が脱毛サロンに通いやすい未来を実現するのがRINXの使命だと考えています。

最近は美意識の高い男性も増えているため、メンズ脱毛が広く認知されれば市場はますます拡大していくでしょう。

Q.人材育成についてはどう考えていますか?

RINXでは新入社員の教育に力を入れています。新入社員はメンズ脱毛の仕事を経験したことがない人が多いですが、プロに必要な知識と技術を身につけられる研修システムを設けているので、未経験者でも専門的な知識と技術を習得することが可能です。また、研修が終わっても講習・会議などを通じてスキルアップできる仕組みを整えています。

Q.人の成長に必要だと思うものは何でしょうか?

小さなことから大きなことまで、大小関係なく課題に向き合いクリアしていくことが、人の成長に必要なものだと思います。そして、課題をクリアすることで獲得できる成果も成長に必要なことだと考えています。

この考えはRINXの人事制度にも活かしており、課題解決能力を評価して「役職制度」に、それによって得られる成果は「賞与システム」として導入しています。

的確な人事評価や賞与評価の環境を整えることで、「このスキルを身に付けたら次のステップへ進める」「この結果が出せたら、これだけの成果につながる」と社員のモチベーションにつなげ、成長に必要なスキルの向上、そしてキャリアアップができるように努めています。

Q.サービスやブランドに対する想いは?

サービスを提供するうえで一番大切なのは、人の心を動かすことだと思っています。脱毛サロンを訪れる人は悩みを抱えている人が多いため、利用者の心に寄り添いながら最適な施術を提供するように努めています。

また、悩める男性たちにメンズ脱毛を提供するには、メンズ脱毛を受けやすい環境づくりが必要です。

そのため、RINXがメンズ脱毛業界を牽引して、世の中の人たちにもっとメンズ脱毛のことを知ってもらおうという想いを抱いています。

現状、RINXのようにお客様・従業員がすべて男性であり、男性に特化した脱毛機器を使用している企業はごくわずかです。

その事実もあり、メンズ脱毛専門店としてRINXがメンズ脱毛業界の未来を切り拓いていかなければという使命感に燃えています。

Q.学生時代の将来の夢は?

海外留学を学生の頃に経験したことがあり、海外で働くのもいいなと考えたことがあります。ただ、海外だとキャリアアップに限界があると思ったので、断念しました。自分のやりたいことを実現しようにも、海外だと時間がかかると思ったんです。

学生時代は飲食業にも興味があり「いつか自分の店を持とう」と思ってアルバイトを始めました。

現場を知ることが何よりも大切だと思っていたんです。

ただ、経営者を目指すにはアルバイトだと限界がありました。会社の社長や代表といった、人を導いていく人間を目指すならきちんと経営やマネジメントについて学ぶ必要があるなと感じたんです。

そこで、卒業後は経営について早く学べると言う触れ込みの企業に就職しました。

Q.いつ頃から代表になることを意識されましたか

学生時代から、漠然と経営者になりたいと考えていました。サービス業や飲食業など、直接お客さんの顔が見れるお店の経営者を目指していて、スキルアップのためにも多くの時間をアルバイトに費やしていたのはいい思い出です。

でも働けば働くほど、「アルバイトや正社員ではなく、どうすれば経営者になれるのか」という疑問が募り、悩む日々が続きました。

学校を卒業して企業に就職して数年後に、新しいことを立ち上げて経営者になることと企業で昇進していくことはステップがまるで違うと気づいたんです。そこから経営者になるために必要な具体的な方法を模索し始めました。

Q.尊敬している人は誰ですか?また、その理由も教えてください

どんな業界や業種もですが、ある分野を極めている方は全員尊敬しています。どの専門分野においても、1つの能力を特化させるには何千時間、何万時間を費やしてやっと身に付けられるものです。そこまでの時間を使って努力し続ける根気と忍耐力、精神力を持っている方は男性でも女性でも尊敬の対象。たとえ年齢が私より大幅に下でも尊敬の対象となります。

Q.讃岐社長の尊敬しているところは?

讃岐社長は誰かのためになることを熱心に考えて行動に移せる方です。社員から相談を受ければどんなことでも親身になって聞き、最善の答えは何なのかを一緒に探してくれます。そのため、何か困った状況が発生した場合は讃岐社長に相談やアドバイスを求める人が多いです。これは、讃岐社長の普段のやわらかい物腰や言葉遣いからきているものだと思っています。相談がしやすいということは、問題が深刻化する前に解決できる可能性が高くなるので、仕事だけでなくプライベートでも周りから頼られるのはとても素晴らしいことではないでしょうか。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の今後

今後の会社の目標は日本全国への店舗展開です。ただし、目標達成には社員の協力が不可欠。そのため、社員が能力を最大限に出せるように今後も働きやすく、モチベーションの上がりやすい環境を整備しながら、会社の明日を担える人財を育成し続けていくことが重要だと考えています。

長嶺社長プロフィール

長嶺社長の人となりを知ってもらうために、プロフィールを少しだけ紹介します。

  • 2017年 株式会社RINX PLUS 代表取締役副社長就任
    株式会社リンクスホールディングス 代表取締役副社長就任
  • 2018年 株式会社RINX PLUS 代表取締役社長就任
    株式会社リンクスホールディングス 代表取締役社長就任

リンクスホールディングス(RINX PLUS)役員インタビュー

メンズ脱毛で評判のリンクスホールディングス両社長の熱い思いを知ることができました。では役員の方は、どのように感じているのでしょうか?仕事のやりがいや、思いを聞いてみました。

代表取締役専務:藤木潤一氏インタビュー

Q.リンクスに入社したきっかけは何ですか?

もともと、私の友人がRINX東京池袋店で働いていました。当時はまだ6店舗しかなく、これからのRINXの展望と評判を聞き、ここならスキルアップしながら成長できると感じ、友人に紹介していただきました。脱毛に関しては右も左もわからない未経験者でしたが、今となっては誰にも負けない「脱毛愛」を持っていると思います。

Q.仕事へのポリシーを教えてください

私が仕事をするうえで大切にしているのは、お客様とスタッフ、両方の気持ちを考えて行動することです。そして、いつも感謝する心を忘れないこと。常に「現状のままで問題ないか?」を考え、メンズ美容のエキスパートとして安心・安全なサービスの提供することを心がけています。

お客様に価値があると感じていただき、信頼・評価されるようなグループであり続けたいと考えております。

Q.お客さまに対する気持ちを教えてください

メンズ脱毛を受ける場所として、数あるサロンの中からRINXを選んでいただけたことを、心から感謝しております。お客様には安全性が高く安心できるメンズ脱毛はもちろん、人生の幸せと豊かさを提供していきたいです。

RINXではオリジナル脱毛機である「INNOVATION」を開発・導入していて、好評をいただいております。引き続き、お客様に必要とされるワンランク上のサービス提供に努めてまいります。

Q.仕事で苦労したことはなんですか?

一番印象に残っているのは、メンズ脱毛をしたいとRINXにご来店くださった学生さんとの出来事です。ご本人は強く脱毛を希望されていたのですが、親御様からなかなか同意を得られず…。

私から何度も脱毛へのRINXの思いや、脱毛が人生を変えることもあるなどをお話しして、ご納得いただきました。その後、脱毛されたご本人の性格がとても明るくなり、親御様からも感謝のお手紙が届いたんですよ。本当に幸せな気持ちになりました。

Q.今後のメンズ美容業界に対しての展望を教えてください

メンズ美容業界へのニーズは高まっていて、ここ10年の市場規模は拡大の傾向にあります。メンズ脱毛という身近な施術は、今後ますます需要が高まっていくでしょう。

しかし、メンズ脱毛に抵抗感のある方や、一歩を踏み出すのをためらっている方が多いのも現状です。近寄りがたいイメージを払拭し、評判を上げていくことが今後の課題だと考えております。

Q.学生時代~代表取締役専務になるまでの間にあった漢らしいエピソードを教えてください

学生時代は自分の夢をなかなか叶えられない家庭環境だったので、色々と諦めることが多かったです。現在は学生時代の頃よりも多くの夢や目標を持つことができ、さらにそれを自分自身の力で叶えられるようになりました。また、ここまで私を育ててくれた両親に対して学生時代は伝えられなかった感謝の気持ちを、毎月何か形にして伝えるようにしています。

Q.ご自身が脱毛を体験したときの感想を教えてください

RINXに入社して初めて脱毛を体験しました。入社した当時は、メンズ脱毛の認知度がまだまだ低かった時代。正直RINXに入社するまでの私は、メンズ脱毛を受けようなんて考えてもいなかったですね。

ただ、一度脱毛を受けた際に、メンズ脱毛に対する考えが大きく変化しました。ヒゲを脱毛して、周囲からの反応が大きく変わったのが、すごく印象に残っています。ヒゲがなくなるだけでも人の印象って大きく変わるんだなと自分の身をもって実感することができました。

Q.社員やスタッフに対してどのような気持ちを抱いていますか?

RINXの原動力であるスタッフ全員のサポートと、物心両面の幸せを追求しています。

RINXは、社歴や年齢に関係なく、やる気と結果次第で昇格やスキルアップが狙える環境が整っています。そのシステムによって中には入社半年で店長に上り詰め、月収70万円にアップしたスタッフも多くいます。

さらに成長し続け、RINXで働けることを誇りに思ってもらえるような成長感・満足感をスタッフに実感してもらいたいという思いから、39個もの独自福利厚生制度『39FUKURI』を確立しました。スタッフ一人ひとりが高い志を持ち自分の夢や目標を叶えていく、そして可能性を信じて力強く人生を歩んでほしいと思っています。そのためのサポートは惜しみませんね。

RINXで成長し、ここで働けることを誇りに思っていただけたらと思います。年齢・社歴は関係なくやる気と成果を評価され、昇格が目指せる環境です。私も常に物心両面の幸せを追求してきました。

自分の可能性を信じて高い志をもち、力強く人生を歩んでいくことを願っています。

Q.脱毛サロンの店舗運営・企業経営のやりがいを教えていただけますか?

年々メンズ脱毛業界が急激な成長を遂げている中、RINXブランドの看板を掲げ店舗運営できることに喜びを感じています。そして、社会貢献のお手伝いができていることに、とてもやりがいを感じていますね。

RINXには、体毛に関してコンプレックスや悩みを抱えているお客様が多くご来店されます。そのようなお客様の人生がメンズ脱毛を通して豊かになり、お客様の笑顔でスタッフも幸せを感じ成長につながる、という最高の環境と可能性を提供させてもらえていることに感謝しています。

藤木潤一氏プロフィール

  • 2006年:ベンチャー企業 営業職勤務
  • 2013年:株式会社RINX PLUS 入社
  • 2014年:RINX東京池袋店 店長就任
  • 2015年:RINX福岡博多店 店長就任
  • 2016年:RINX福岡天神店 店長就任
  • 2017年:RINX鹿児島店 店長就任
  • 2018年:株式会社RINX PULS 代表取締役専務就任

座右の銘

「情けは人の為ならず」

代表取締役常務:渡邊丈洋氏へインタビュー

Q.RINXに入社したきっかけは?

リンクスに入社する以前は、いくつかの企業に就職していました。しかし、自分自身が心からやりがいと誇りを感じられる職業に出会えず、「このままでは一度きりの人生がもったいない」と、深く考えるようになったころに出会ったのが、、メンズ脱毛で評判を上げていたRINXです。

その当時は全国で5店舗を出店している規模の企業でしたが、経営ビジョンに感銘を受け、オンリーワンの事業確立に向けた取り組みに魅力を感じ、入社を決意しました。

Q.仕事のやりがいを教えてください

仕事のやりがいは人に「豊かさ」を与えられることです。豊かさとはたくさんの物を手に入れることではなく、目標を達成した際に得られる経験や、大切な人と過ごす時間のことだと私は考えています。そしてRINXは、お客様にメンズ脱毛を通じて豊かな未来を届けることができる会社だと思っています。

Q.お客さまに対する思いを教えてください

私自身、体毛で悩んだ経験がありました。メンズ脱毛と出会ったことで自分自身が変わることができたので、RINXへ通うお客様全員にメンズ脱毛を通して「人生を彩るお手伝い」をすることを心に決めています。

そしてサロンへ快適に通っていただくために、より良い環境をご提供できるように日々邁進しています。ただ脱毛に通うだけの時代は終わりました。これからは、脱毛で新しい自分に出会う時代を創り上げて、RINXの評価を上げていきたいです。

Q.スタッフにはどのような気持ちを抱いていますか?

常に第一線で活躍し、お客様の理想を叶える施術をしているスタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。どの企業にも言えることですが、現場で活躍している社員によって、利益が生まれて会社が潤い、それをお客さまに還元することができます。

つまり社員が成長することが、結果的にお客様の満足や評判につながるのです。そのために私がやるべきことは、個人の能力を伸ばし、磨いた才能を活かせる環境を与えること。社員が未来に目を輝かせて夢を描き、そして実現できるように導くことが使命だと考えています。

Q.学生時代~代表取締役常務になるまでの間にあった漢らしいエピソードを教えてください

私は昔から「男性からカッコいいと想われる漢になりたい」という志があります。その志を貫くために心がけているのは、善意を後任へ繋ぐことです。具体的に言うと、私が悩みを抱えた後輩を誘って食事をごちそうした際、もし私にされて嬉しかったことや感銘を受けたことがあれば、恩を返すのではなく同じように後輩につないでほしいと伝えています。

後輩の力になることを私が強制することはありません。あくまでも私が行ったことに対して嬉しかったことや感銘を受けたことを後任へつないでくれると信じて取り組んでいます。

Q.ご自身が脱毛を体験したときの感想を教えてください

初めてメンズ脱毛を体験した時は「悩みがなくなった!」という開放感がありました。脱毛前は、青ヒゲやカミソリ負けによる肌荒れ、体毛の濃さがずっとコンプレックスだったんです。それが脱毛施術を受けたことによって解消されたので、素直に感動しました。想像はしていましたが、実際に自分が体験すると想像以上に嬉しかったですね。

周囲の反応も変わり、初対面の方から好印象を持ってもらえるようになりました。

Q.大切にされている仕事のポリシーを教えてください

一番大切なポリシーは「お客様へ最高のサービスを提供する」ことです。満足のいくサービスを提供するためには、対人関係が等しく大切だと考えています。良い対人関係は自身で創りあげるという意識を全社員が持ち、お客様はもちろんのこと、ともに働く仲間に対しても感謝の気持ちを忘れないことがとても重要だと捉えています。

Q.仕事で苦労したことと、それをどう乗り越えたか教えていただけますか?

これまで多くのスタッフの人財育成に携わってきましたが、すべて順風満帆というではありませんでした。スタッフのことを思うがゆえに、厳しい言葉を投げかけてしまった経験もあります。しかし、そのスタッフが当時プライベートで悩みを抱えていたことを後日知りました。それに気づけず心を強く痛めましたが、自分の想いを伝えることをあきらめず、最大限の対策を取って対面での指導を続けました。そうやって関わっていくことが、スタッフを成長へと導く「指導」だと信じたからです。結果、その想いが良いきっかけを生み出すことになり、育て切ることができました。

思いやりの気持ちを常に持ち続け、仲間と人生レベルで付き合い一緒に成長できたことが、大きな経験値となっていますね。

Q.事業に関する今後の展望を教えてください

RINXを脱毛サービスという事業において、社会レベルで日本を代表する企業に成長させたいと考えています。

RINXの「メンズ脱毛をもっと身近に」というコンセプトのもと、これまで数多くのお客様の笑顔を生み出してきました。会社の価値を決めるのは、営業利益ではなく「どれだけ多くの人を幸せにできたか」という点。そして、RINXを利用してくださったすべてのお客様が企業のイメージと価値を作り上げます。

今後の展望目標として「RINXを全国100店舗展開」を掲げ、業界全体を引っ張る企業にしていくことが私の役割だと考えています。

渡邊丈洋氏プロフィール

  • 氏名:渡邊 丈洋
  • 生年月日:1986年3月8日生まれ32歳
  • 出身地:大阪府

RINX入社後9ヶ月で大阪梅田店の店長となり、その後、京都河原町店・東京品川店・茨城水戸店の3つの新店舗オープンの最高責任者として事業の拡大に貢献。その中で多くのスタッフ達と携わり、8名のスタッフを後任・新店舗の店長として昇格へと導き、経験と実績を評価され人財マネジメント事業部統括部長に抜擢される。

座右の銘

「天才とは努力する凡才のことである」

有名なアインシュタインの言葉で、『天才と呼ばれる人の裏には必ず努力がある』という意味です。渡邊氏はこの言葉を“努力に勝る才無し”という意味と捉えているとのこと。そのため、人の才能に嫉妬するのではなく、自分自身が努力することがとても大切であり、努力なくして成功は成し得ないと考えているそうです。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)社員の口コミ

脱毛だけでなく接客でもお客様に喜んでもらえることが、サービスを提供するうえで大切であると考え、接遇研修に力をいれているリンクスホールディングス(RINX PLUS)。実際に働くスタッフが、仕事をするうえでどのようなことを心がけているのか、お客様に対してどのような気遣いや配慮をしているのか、口コミを集めてみました。

スタッフNさんの口コミ

体毛がコンプレックスだった私は、実際にRINXで脱毛をしたことで毛の悩みを解消することができました。この経験を元に、悩みを抱えて来店されるお客様の気持ちにしっかり寄り添うことを心がけ、一人ひとりに合った効果のあるサービスの提供を行っています。

スタッフTさんの口コミ

ここを選んで良かったとお客様に喜んでもらえるよう、お客様一人ひとりの悩みに真摯に寄り添うことはもちろん、プロ目線のアドバイスと、お客様が笑顔になれる確かなサービスの提供を心がけています。心地よい環境を作ることで、お客様が安心して施術を受けられるサロンを作ることが目標です。

スタッフKさんの口コミ

脱毛はデリケートな悩みなので、お客様が安心しリラックスして通える空間であることを意識しています。そのためには常に明るく笑顔でお迎えすることを心がけ、お客様がリラックスして会話が出来る関係を築きあげるのが大切。細かな心配りに努めています。

スタッフSさんの口コミ

どんな小さなことでもお客様の悩みに真摯に向き合い、効果の高い施術を行うことを意識。コンプレックスが解消されることで、RINXに来て頂いたお客様自信の自信につながればと考えています。

スタッフMさんの口コミ

脱毛はお客様の人生に笑顔を与えるものです。気軽に通える場所になれるよう、コミュニケーションを大切にしていますね。お客様のストレスにならないよう、きちんとした施術の説明と対応も心がけています。

スタッフKさんの口コミ

ジェルの冷たさや施術の痛みの感じ方は、お客様一人ひとり異なります。施術の際に細かく声を掛けることで、その方の肌に合った調整を心がけています。また施術だけはなく、丁寧かつ真摯な接遇にも努めています。

スタッフRさんの口コミ

脱毛を初めて経験する方は、多くの不安を抱えていると思います。その不安な気持ちが少しでも和らぐように、ひとつひとつの所作にも配慮しています。「RINXに相談して良かった」と言っていただければ幸いです。

RINXを利用したお客さまの口コミ

メンズ脱毛サロンRINXを実際に利用したお客さまの口コミを集めました。RINXを選んだ理由や利用してみた感想、スタッフの対応についてご紹介します。

もっと早く脱毛に出会いたかった!

接客業という仕事柄、清潔感が欲しいと思い脱毛を決意。男性スタッフが対応すると聞いてRINXを選びました。予想以上の脱毛効果にびっくり。朝のヒゲ剃りの時間が減って嬉しいです。

スタッフの対応が良く、ムダ毛に関してはもちろんのこと、趣味の話でも盛り上がり施術中も楽しく過ごせたので、満足しています!(20代/販売員)

脱毛に対する意識が変わりました

最初は脱毛は恥ずかしいと思っていたのですが、濃いヒゲをいろいろな人に指摘されたのをきっかけに、脱毛を決めました。口コミで評判の良かったRINXでカウンセリングを受けてみたのですが、とても丁寧に対応してくれたので安心したのを覚えています。

通っていくうちに脱毛に対する認識が変わり、目に見える効果に周囲からも褒めてもらえたので、施術を受けて良かったです。男の脱毛は恥ずかしいと思っている人も、RINXなら楽しんで通えると思います。(20代/会社員)

脱毛で自分に自信がつきました

自分に自信を持ちたくて脱毛を決意。実際に利用した人の評判が良かったRINXを選びました。体毛が濃く、特にコンプレックスだったヒゲがどんどん少なくなっていくのでビックリ!自分に自信を持つことができました。優しいスタッフばかりで、不安を感じることもなく通えましたよ。(20代/会社員)

デリケートな悩みも相談しやすい

体毛に悩んでいて、人目を気にしてしまうのが嫌になり脱毛を始めました。RINXは男性スタッフだけが対応してくれるので、自分の体毛について相談がしやすいのが嬉しいです。

元々毛が濃いので、本当に効果があるのか心配でしたが、回数を重ねるごとに毛が薄くなっていくのを実感!肌の調子も良く大満足です。ムダ毛の悩みを抱えていたら、1回相談してみるのもアリだと思います。(20代/会社員)

丁寧な対応で安心

ヒゲを脱毛したいと思い、男性スタッフが対応してくれるRINXへ。効果があるのか不安もありましたが、朝のヒゲ剃りの手間が格段に減りました。結婚式も控えていたので、清潔感のある状態で迎えられて満足しています。こちらの質問や悩みに、スタッフが丁寧に向き合ってくれたのがとても嬉しかったです。(20代/会社員)

安心して施術を受けられました

若々しい肌になりたかったのと、毎日のシェービング時間を減らしたくて、脱毛を受けることにしました。最初はメンズ脱毛に対して抵抗がありましたが、RINXはスタッフ全員が男性ということもあり、特に不安もなく施術を受けられました。料金がそんなに高くないのも嬉しいところ。ちゃんと計画しておけば、きれいでツルツルな状態を維持できると思います。(40代/会社員)

リーズナブルで通いやすいのが決め手

RINXを選んだのはリーズナブルだったことと、全国に店舗が展開していて通いやすそうだったからです。実際に施術を受けてみると、痛みはそれほど感じませんでした。効果はすぐに分からなかったのですが、続けていくうちに効果を感じられるようになったと思います。ひげ剃りに時間をかけたくないという方におすすめです。(30代/会社員)

徐々に効果を実感できるので楽しい

脱毛について調べていたらRINXのHPにたどり着き、ちょうどキャンペーンをやっているとのことで脱毛を受けてみました。脱毛は初体験でしたが、丁寧に説明してくれましたし、スタッフなどの対応も好印象です。だんだんと効果が実感できるので、楽しく脱毛を続けられました。(20代/会社員)

10年後には男性も脱毛が当たり前の時代になると思います

毛深いのをかっこ悪いと思いはじめたのが脱毛を受けるきっかけです。全身脱毛をしたかったのですが、女性に陰部は見られたくなかったので、男性が施術してくれるRINXを選びました。施術には大満足!施術者も増えているようなので、10年後には男性も脱毛を受けるのが普通になっていると思います。(40代/会社員)

いらない毛がなくなって気分がいいです

青ヒゲをなくして、顔の印象をすっきりさせたくて脱毛を始めました。RINXを選んだ理由の男性専用だったことと、話をしてくれたスタッフが誠実な方だったこと。気になっていたヒゲの青みが無くなってきて満足しています。ムダ毛がなくなると気持ちもスッキリしますし、始めるなら早い方が良いですよ。(30代/会社員)

痛みを覚悟していましたがほとんどありませんでした

陰部が毛で蒸れるのがイヤで、HPで見て印象が良かったRINXで脱毛を受けることに。施術の時は場所が場所だけに痛くないかと身構えていましたが、予想と違ってほとんど痛みはありませんでした。施術を受けて1,2回目で、毛の濃さや伸びるスピードが変わってきたように感じます。ムダ毛を少しでも無くしたい方にぜひ脱毛をおすすめしたいです。(30代/会社員)

RINXの脱毛技能士自身が受けた脱毛の口コミ

RINXでは自ら脱毛を受け、悩みが解消されたことに感動を覚え、この気持ちを他の悩んでいる人にも共有したいという思いから、脱毛技能士として入社される方が多くいます。悩んでいる人の気持ちが分かるからこそ、その人に寄り添った施術ができるというわけです。そんな彼らが脱毛を受けた際の口コミをまとめました。

コンプレックスがなくなり毎日が楽しいです

もともと体毛が濃いとは思っていなかったのですが、周囲から「意外と毛が濃いんだね」と言われてから、体毛のことで悩むように。そこで出会ったのがRINXでした。

脱毛を始めたことでコンプレックスを克服でき、毎日楽しく過ごせるようになっています。その気持ちを同じように悩んでいる人たちと共有したいと思い、脱毛技能士になりました。(新宿店Yさん)

今までとは違うオシャレができるようになりました

RINXで脱毛技能士として勤めている私は、もともとはRINXに客として通っていました。メンズ脱毛を始める前までは、ヒゲを毛抜きで抜くという苦肉の策をとっていました。

脱毛を受けてからは、見た目が変わっただけでなく、精神的にもとても楽に。今までとは違うオシャレにもトライできるようになりました。(渋谷店Nさん)

人の視線を気にしないで過ごせるように

肌が弱かった私は、毎日のヒゲ剃りで口元が常に荒れている状態に。そのため周りの目が気になってしまい、常にマスクをしていました。しかし脱毛を受けてからは、シェービングの回数が減り、今ではくらべものにならないくらい肌の状態が良くなっています。

人の視線を気にせず会話を楽しめるようにもなり、自信もつきました。印象はもちろん、自分の内面まで変えてくれた脱毛の効果に感激です。(上野店Sさん)

肌がキレイと言われるようになりました

社会人になって周囲からヒゲの濃さを指摘されるようになり、毛が濃いためか、実年齢より老けて見られることが目下の悩みでした。

知人にすすめられてRINXで顔と全身を脱毛してからは、以前と違ってすっきりとした印象に。今では「肌がキレイで羨ましい」と言われるようになり、脱毛の良さを噛みしめています。(大宮店Yさん)

まるで生まれ変わったような気分です

青ヒゲと濃い体毛のため、周りの視線が気になり、海に行っても洋服が脱げませんでした。そんなときにたどり着いたのがRINXのメンズ脱毛です。悩みがなくなって生まれ変わったような気分になり、新たな一歩をふみ出す貴重な体験ができました。(大宮店Sさん)

自信を持って写真に写れるように

色白でヒゲが目立ちやすく、剃っては肌が荒れて吹き出ものができる、という悪循環に陥っていました。友人と写真を撮るときも、荒れている肌が写真に残ることがとてもイヤで仕方なかったです。

しかし、RINXの脱毛を受けてからは徐々に肌荒れが改善され、肌がとてもきれいに。自信をもって写真に写れるようになりました。(千葉中央店Wさん)

RINX(リンクス)が行う脱毛の評判が良い理由

「体毛の悩みが解消された」「通って良かった」など、実際にRINXでメンズ脱毛を体験した多くのお客さまが高い効果を実感しています。RINXの脱毛がお客さまに高い評価を受ける理由について、こだわりなどから迫ってみました。

脱毛器へのこだわり

RINXではメーカーが共同で開発した独自の男性専用脱毛機「INNOVATION(イノベーション)」を使用しています。日本レーザー医学会1種認定医でもある松岡ドクターが、脱毛機器の開発や施術工程などを監修し、より安全で効果のある施術の提供が可能になりました。

松岡ドクター監修のもと、全技能士がお客さま一人ひとりに合わせて出力を調整。男性の脱毛に特化することで、従来の脱毛技術を上回る効果を提供しています。

最新の脱毛機器でできること

太くて濃い毛へ最大限のパフォーマンスを発揮

RINXオリジナルの脱毛機「INNOVATION」は、太くて濃い毛から柔らかい毛まで柔軟に対応できるよう研究・開発されています。男性の体毛に特化した脱毛機を使用することで、日本人男性特有の太くて硬いひげに対し、高い脱毛効果を発揮することができるのです。

肌への負担を極力抑えた高い安全性を確保

RINXの脱毛機の照射口部には、耐熱性や耐久性だけでなく光強度にも優れたファイヤクリスタルを使用しています。一般的な脱毛機に使用されている素材とは異なる素材を使用することで、体毛に熱を集中させながらも、肌への刺激が少ない施術を実現。肌への負担が気になる方でも安心して施術を受けることができます。

痛みの少ない快適な脱毛を実現

RINXの「INNOVATION」は照射と同時に、照射部に使われているサファイアクリスタルを瞬間冷却。こうすることで脱毛中の気になる痛みを軽減できます。

個人の肌や毛の状態に合わせた設定が可能

毛質や肌の状態は、その日その時でさまざま。RINXでは豊富な知識を備えた脱毛技能士が、お客さまの肌や体毛の状態をしっかり見極め、最適な照射量を選んで施術を行っています。「INNOVATION」は12段階という細かな光の調整ができるため、一人ひとりの状態に合わせた対応が可能です。

まとめ

オリジナル脱毛機を使用することで、体毛の悩みに合わせたオーダーメイドの施術を行うRINX。痛みや肌に掛かる負担など、気になる面をカバーできる安心・安全のサービス提供は、常にお客さまの気持ちに寄り添ってきたRINXだからこそ実現できているといえます。

毛質・毛の量・肌の状態といったさまざまな状況や、お客さまのニーズに柔軟に対応することで、高い評価を得られていると言ってよいでしょう。

施術製品へのこだわり

RINXでは、さらにより良いサービスを提供するために、脱毛機の開発だけでなく使用する製品にもこだわっています。RINXの施術製品についてまとめてみました。

100%海洋深層水の脱毛施術ジェルを使用

施術に欠かせないRINXオリジナル脱毛施術ジェルは、ミネラルバランスが体液に近い海洋深層水を100%使用。この脱毛施術ジェルには、抗炎症効果や肌を優しくケアする、マリンコラーゲン・アロエベラエキス・ヒアルロン酸・ヤシ油由来グリセリン・甘草エキスといった成分が配合されています。

浸透力の高い海洋深層水が、これらの成分を肌細胞まで届け、肌の再生を促してくれるので、肌に負担の少ない安全な施術が可能です。

保温と鎮静作用に優れたアフターケアジェルの使用

施術後のアフターケアには、10種類の美容成分・エキスを配合したジェルを使用。このジェルには、保湿効果の高いラフィノースやヒアルロン酸、保湿成分との相乗効果が期待できるアロエベラ液汁に加え、抗菌・鎮静作用があるセイヨウハッカ葉エキスが配合されています。

さらに、オタネニンジンエキス・カワラヨモギエキス・グリチルリチン酸K2・チャ葉エキス・ユーカリ葉エキス・ラベンダー花エキスもプラスすることで、肌の炎症や乾燥が気になる方も安心して施術が受けられます。

衛生面における4つの徹底

お客様に安心して気持ちよく施術を受けてもらうために、RINXが実施している「衛生面における4つの徹底」を紹介します。

1.機器消毒の徹底

安全な施術を提供するため、RINXでは施術に使用する機器類の消毒を徹底しています。脱毛機やシェーバーなどは、使用毎に次亜塩素酸除菌水で消毒。赤外線を用いた殺菌機で殺菌をするなど、施術に関わる衛生面の管理に力を入れています。

2.タオルクリーンの徹底

数社のタオルクリーン業者と提携し、施術で使用するタオルやターバン類を常に清潔な状態で提供。お客様の肌に直接触れるものという意識を持ち、気持ち良く施術が受けられるよう取り組んでいます。

3.店内清掃の徹底

清潔さを維持するために、専門業者と提携してサロンの清掃を徹底。毎日の清掃だけでなく、エアコンやカーペットなども定期的に清掃を行うことで、衛生面の安心・安全だけでなく、お客様が気持ち良く過ごす空間の提供にも繋がっています。

4.施術衛生の徹底

施術の際は衛生グローブを必ず着用し安全面に配慮することはもちろん、施術毎に必ず新品に取り換えるなど、衛生面にも配慮。脱毛の前後には、殺菌力に優れているが体への害がない次亜塩素酸水で、施術部位の除菌・消毒を行っています。

また、施術前には必ずお客さまの肌状態を確認し、一人ひとりの状態に合わせた施術を提供することで、効果が高く安全な脱毛を実現しています。

医師監修により安心・安全の施術を実現

RINXは、エステサロンでは日本初となる、医師の監修による脱毛サービスを提供している脱毛サロンです。監修はテレビの出演経験もある松岡孝明ドクター。すべてのスタッフがこの松岡ドクター監修のもとに、日々施術を行っています。

最新医療との提携を実現したことにより、一般的なエステサロンに比べて高い効果を期待できる面から、多くの信頼と評判を集めています。

監修ドクター松岡孝明氏とは

RINXの監修ドクターである松岡孝明氏は、ハーバード大学医学部PGA所属・日本レーザー医学界1種認定医。国内外で実力を発揮している、美容外科のエキスパートです。「医療として高水準の美容外科の技術を提供し、周りの人に喜んでもらいたい」という想いで、現在様々なメディアにも出演しています。近年注目を浴びている、ライザップの医療顧問としても活躍しているドクターです。

では、松岡ドクターがRINXでどのような監修を行っているか見ていきましょう。

脱毛器の監修

RINXで導入している男性専用の脱毛機を、安全・機能・性能面で松岡ドクターが監修。お客さまの安全を第一に、脱毛時の痛みや肌のダメージ軽減など、一人ひとりの毛や肌の状態にあわせて、最高のパフォーマンスを発揮できるよう監修しています。

施術の監修

松岡ドクターは、脱毛技能士の技術差をなくすべく、各部位の施術手順から脱毛工程にいたるまでを監修しています。各部位ごとに監修内容を見ていきましょう。

ヒゲ

ヒゲは全身の中でも特に太くて濃い毛が生えている部分。光の当て方やアフタージェルの塗り方いかんによっては、効果や痛みに差が出てきてしまうため、松岡ドクターは光の当て方やアフタージェルの塗り方などの監修を行っています。

ボディ

ボディ脱毛は全部で17ヶ所もあり、各部位により皮膚の厚さや毛量・毛質が違います。そのため部位ごとによる光の当て方の監修を行っています。

陰部

陰部はもっともデリケートなゾーンのため、光の当て方や恥ずかしさを抑える施術方法など、特に徹底した施術の監修を行っています。

衛生面の監修

施術の器具やタオルなど、直接肌に触れるものは、松岡ドクター監修のもと衛生管理を徹底。また、機器の清掃や洗浄は専門業者に依頼をし、常に清潔な状態を維持しています。

事業に関する今後の展望

RINXの掲げる「メンズ脱毛をもっと身近に」というコンセプトをもっと多くの人に知ってもらい、多くのお客様の笑顔や幸せを作り出したい。そんな熱い思いを持っている渡邊氏は、営業利益が会社の価値を決めるのではなく、どれだけ多くの方を幸せにできたかが企業の価値を決めると考えているのだそう。これからもRINXを選んだお客様にさらなる満足を提供し、RINXを日本を代表する企業に成長させたいとしています。

いま求められる接遇研修とは?
ページの先頭へ