HOME » 役職別のおすすめ社員研修一覧 » 役職別のおすすめ社員研修一覧:再雇用者

役職別のおすすめ社員研修一覧:再雇用者

研修

改正高齢者雇用安定法により65歳まで労働者を雇うことが企業に義務づけられました。

60歳でいったん定年退職した労働者を再雇用という形で65歳まで雇う企業が多いです。

いったん定年退職したということで、モチベーションが下がっている人も多く、クレームに繋がってしまうケースも少なくありません。

接遇研修を行うことで、再雇用者の接遇レベルを引き上げる必要があります。

ここでは再雇用者向けの接遇研修について説明して行きます。

再雇用者はモチベーションが大きく低下している

少し前までは60歳で定年退職したらそのまま現役を引退して、ゆっくりと老後を過ごすのが一般的でした。

しかし、現在では年金の支給開始年齢などとの関係から、65歳まで働く人が多いです。再雇用などで65歳まで企業で働ける環境が整い、企業内ではいったん定年退職した60歳以上の人が若い世代の人と一緒に働いています。

しかし、再雇用者の多くは若い世代の人と違って、モチベーションが低い人が多いです。

若い世代の人たちは、目標を持って活き活きとした様子で働いているのに対して、再雇用者はただ出勤して来ているだけのような職場もあるでしょう。

お客様や外部の人と接するときなどに、再雇用者が対応に当たると接遇の悪さからクレームが来てしまうこともあります。若い世代の社員が対応に当たった場合には、誠意が伝わってきても、再雇用者の場合にはいい加減に対応していると感じてしまうケースが多いです。

こうした違いはモチベーションが大きく関係していると言えます。再雇用者の人たちも、定年退職前には誠意のある接遇ができていたはずです。

それはモチベーションを保てていたからだと言えるでしょう。再雇用者向けの接遇研修を実施して、再雇用者のモチベーション維持を図る必要があります。

高齢労働者が果たすべき役割を明確にする

労働者

企業で働いている労働者はそれぞれ自分の果たすべき役割が明確になっています。

担当する取引先があったり、進めているプロジェクトなどがあるでしょう。

しかし、再雇用者の場合には補助的な業務に従事することが多いです。再雇用労働者の中には専門知識を持っている人や、高いレベルの接遇スキルのある人も少なくありません。

しかし、そういった能力を十分に活かすことができない環境に置かれれば、モチベーションが低下してしまいます。

逆に再雇用者労働者にも、定年退職以前と同じように果たすべき役割を明確にすることでモチベーションを維持できることが多いです。

ただ、職場によっては定年退職以前と全く同じように仕事に従事するのが難しいケースも見られます。

その場合でも、一般社員に研修を実施するのと同様にきちんと再雇用者にも研修を実施し、果たすべき役割を与えることが大事です。

これまであまり関わって来なかった内容の業務に従事する場合には、若い世代の人たちと同様に研修を実施するとモチベーションが上がります。

基本的な接遇マナーを再確認

再雇用労働者の中には、もう半分引退しているような気分になっている人も少なくありません。

定年退職以前には優れた接遇スキルを持っていた人でも、やる気のなさを露呈してしまう人もいます。

その場合は、基本的な接遇マナーを再確認するための接遇研修を実施するといいでしょう。

接遇マナーを再確認することでやる気を呼び起こすことができます。ほとんどの再雇用者の人にとっては定年退職以前には問題なくできていた内容です。

少し接遇研修を受ければ基本的な接遇マナーくらいなら無理なく身に付くでしょう。

さらなるスキルアップは難しくても、定年退職以前の水準に戻るだけでも実施する価値はあります。

シニア人材を上手く活用できるかどうかかが重要

これからの日本社会は人口がどんどん減少して行きます。

人手不足も深刻化して行くため、シニア人材を上手く活用することが大切です。

シニア人材を上手に活用できる企業が生き残れると言っても過言ではありません。

再雇用者の場合には定年退職後の60歳から65歳までの5年間だけ雇うということで、研修にあまり力を入れていない企業も多いです。

しかし、65歳まで雇うというのはあくまで法律上の最低限の基準です。モチベーションが高く、接遇能力やスキルも充実している再雇用者は65歳を過ぎても雇い続け活躍してもらうことを検討してみましょう。

待遇面での改善も必要

再雇用者の賃金水準は定年退職前と比べると、かなり低い傾向にあります。待遇が悪すぎてモチベーションが低下してしまう再雇用者も少なくありません。

接遇研修を実施するのに加えて、活躍して会社のために役立っている再雇用者は待遇面での改善も必要でしょう。

まとめ

再雇用者は役職には就いていないものの、以前に役職に就いていた人も多いです。仕事に対するプライドなどもあるでしょう。

しかし、職場環境の変化からモチベーションが低下してしまいがちです。高い接遇能力を持ち合せていても、クレームに繋がるような対応をとってしまうこともあります。

しかし、再雇用者向けの接遇研修を実施することで、接遇マナーを再確認し、モチベーションを高めることができます。

接遇研修に加えて65歳以降の雇用や待遇の改善などの措置も必要です。

いま求められる接遇研修とは?
ページの先頭へ