一般社員

一般社員にはどのようなスキルが求められるのか、またおすすめの接遇研修についてアドバイスします。

一般社員に求められるスキルとは

新入社員とは違い任せられる仕事も多くなり、自ら責任を持って仕事を確実に完遂することが求められる一般社員。

時にはリーダーシップを取りながらプロジェクトを進めることも多くなりつつあるからこそ能力を保持するだけでなく、今後自らのスキルを向上させていき会社に貢献することが望まれます。

一般社員はいわば会社のプレーヤーです。一般社員なくしては業務が回りません。まずは年々着実にテクニカルスキルを磨く必要があり、その後プレーヤーからマネージャーへと転換できるようなスキルを身に付けていくことが大切です。

そのためには接遇研修で現在のスキルの再確認から新たなる気づきを得て、ステップアップのための足がかりを手にしておくと良いでしょう。

基本的なおもてなしのマナーや電話応対スキルなども研修することで、ホスピタリティの精神をさらに磨くことができます。

一般社員向けのおすすめ研修

接遇&マナー研修

おもてなしの心を伝えるために、まず知っておいてほしい基本的な接遇とマナーについての研修は、新入社員はもちろん一般社員にも不可欠です。

接遇とは、自身の強みや弱みの再認識、第一印象を良くするための話し方や聞き方、コミュニケーションの取り方を学びます。またビジネスマナーとしての基本、電話の応対の仕方なども研修し、社会人としての基礎を確認・スキルアップします。

声で伝えるホスピタリティ研修

電話応対やアナウンスでは声を通じておもてなしの心を伝える必要があります。声だけのコミュニケーションでどのような印象を与えるのかを理解しながら、正しく迅速に、簡潔に対応できることを目指します。電話の受け方やかけ方のマナーやあらゆる状況に慌てずに対応できる臨機応変な対応力も一般社員には必須です。

電話応対といってもお客様にとっては組織の代表との会話なので、十分な対応力を研修で身に付けることで会社のホスピタリティを提供できます。

最上級のおもてなし研修

お客様に特別な接遇を受けていると感じてもらうには“最上級のおもてなし”の心を伝えなければいけません。

例えば言葉遣いや立ち居振る舞いに少し気を付けるだけでも、品格がぐっと上がります。質の高い接遇とコミュニケーションで対応ができれば、お客様との強い信頼感も生まれます。

そのためにはおもてなしにふさわしい接遇を知っておきましょう。どのような準備をすればあらゆる事態に対応できるのかなど、事前準備から実践までしっかりと学びます。

ページの先頭へ