HOME » 接遇 とはお客様一人一人に心を込めて接し応対するおもてなしです » 医療接遇で重要なことは患者と同じ視点を持つこと

医療接遇で重要なことは患者と同じ視点を持つこと

医療従事者に求められる医療接遇

接遇とは、思いやりを持って相手に接するということです。患者が何を伝えたいかといった考えや気持ちを汲み取り、患者に寄り添って応えるために行動をすることが、医療接遇となります。

心身ともにケアが行き届かせることがいい病院にしていくための秘訣です。

接遇は患者の心に寄り添った対応のために必要不可欠な要素

患者に対する思いやりの心である医療接遇は、患者と向き合っていく上で必要不可欠です。ですが、なかなか患者には伝わってくれない場合も時にはあります。では、そうした場合はどう対処する必要があるのでしょうか。

こういう時、医療接遇に長けている医者は、目に見える形で患者に伝えようとします。その最もたるものがマナーです。「高圧的になっていないか」「説明口調になっていて患者の不安を無視していないか」といったポイントを見直し、言葉使いなどを修正するようにしましょう。

あわせて身だしなみにも気を使っていきましょう。患者と向き合った時、白衣や靴の汚れが目立ってしまうと不精な人というイメージやきっちりしていない人といったイメージを持たれてしまう場合があります。清潔感を意識するようにしておきましょう。

医療接遇に求められるスキルとは

医療接遇のマナーというのは、ホテルのように最上級の敬語を使ったりするのとはまた違います。

医療現場において求められる医療待遇のスキルというものは、患者の置かれた状況を考え、同じ目線にたって患者が求めているものを探っていくことです。

1人ずつ患者の目線にたって考えていくのは非常に大変なことですが、同じ土俵に立とうと努力をしている姿というのは必ず患者に伝わります。患者一人一人との付き合い方を考えて、心を込めて向き合っていくようにしましょう。

また、「治してやっている」という意識で対応してしまっては、どんどん来院する患者は減ってしまいます。「治療のためにこの病院を選んでくれている」といった感謝の念を持ち、応対するようにしていきましょう。

ページの先頭へ