接遇研修ガイド » 種類別・おすすめ接遇接客研修 » 営業術

営業術

このページでは営業研修とはどういったものか、その必要性や外部委託する場合のおすすめの会社の特徴や概要を紹介しています。

企業においての営業職は、会社の収益や成長につながる大事な人材です。しかし実際には「思うように営業成績が上がらない」「社員の営業スキルが伸びない!」といった悩みを抱える企業は多いのではないでしょうか。考えられる要因のひとつに、営業テクニックを教えられる上司(人材)が不足していることがあげられます。会社としてのマネジメントはせずに、営業個人の裁量やキャラクターに委ねているケースです。

個人の裁量に任す方法では個人差が発生するだけでなく、総合的な営業成績の向上が難しくなるでしょう。また、営業成績が悪い人のモチベーションが低下して、離職率が高まる可能性もあります。

営業スキルを効率よく向上させるには、営業術やビジネスマナー、コミュニケーションスキルを学べるプロに「研修」を委託するのがベスト。これらの研修を通じてスキルアップを図れば、短期間に個々のスキルアップやモチベーションアップ、企業の業績&イメージアップつながります。

営業研修の必要性

優秀な営業を育てるには先輩からの指導なども大切です。しかし、より効率的に率先力になるような人材を育てるためには専門家に教えてもらうのが一番の近道です。

「Why?」や「How to」を学び、テクニックを「練習」することで営業スキルが身に付きます。

会社の業績を向上させたいのであれば、自社のサービスや商品のメリットを相手に伝えられる能力、交渉のテクニックはもちろん、相手の懐に入り込めるようなコミュニケーション方法を専門家から学びましょう。

時代の流れに合う最新営業テクニックが学べる

インターネットが普及して、消費者は直接ネットから商品や情報を得られることができる時代になりました。今、営業職に就く人は、以前より営業のハードルが上がっているのは間違いないでしょう。そんな状況のなかで自社の製品やサービスを売り込むには、インターネットでは得られないような付加価値ある情報や製品を盛り込み、他社と差別化して売り込むことが必要です。

「付加価値ある情報を、いかにスペシャリティあるものとしてプレゼンすればいいのか」「もう一度会って話したい、と思わせるような魅力的人物になるにはどうすればいいのか」といった内容を、第三者的立場で多くの企業に関わっている研修専門の機関から学習することは大切です。多方面から知見を得た講師から最新テクニックを学ぶことができます。

営業研修の内容とは

基本の接客マナー

営業職だけでなく、新入社員全員を対象に行える研修です。学生気分がまだ抜けない社員を対象に言葉遣いや接客マナー、名刺交換の仕方、電話応対などをレクチャーしてくれます。

コミュニケーション・プレゼンテーション

営業職や接客業に就く人材に必要なのがコミュニケーションのスキルです。

顧客に商品やサービスの情報を正しく伝えて、興味を持ってもらうことが契約につながります。顧客のニーズをいち早く把握して、必要な情報や他社との違いなどを正確に伝えられる能力、これが営業職に求められるコミュニケーションスキルです。

交渉スキル

相手の立場や価値観、ニーズを把握して、できるだけ友好的な関係を築いて話を進めることが必要です。研修では交渉の土台や心構え、実践的なスキルまで学ぶことができます。

営業研修を受けるメリット・デメリット

営業研修のメリットは、営業職に就く人材が統一された内容を短期間で受講できることでしょう。個人の裁量だけに頼らず、営業テクニックをみんなでシェアできるので、総合的な営業力アップが期待できます。営業力の向上は企業の活性化や業績、企業のイメージアップにもつながり、総合的な推進力の要となってくれるでしょう。

デメリットとしては、外部に企業研修を委託するための講師料、移動経費、規模によっては場所代や宿泊料などの経費がかかることです。また、参加する社員は1~3日間の研修期間中は営業職を休むことになります。

どんな営業研修がある?

企業向けの営業研修を取り扱っている会社にも、それぞれ特徴があります。金融業が得意とする会社もあれば、企業の要望に応じたカスタマイズができる会社などさまざまです。こちらでは3つの会社をピックアップして、その特徴を紹介します。

例1.接遇やコミュニケーション力で企業の飛躍に貢献

接遇・営業研修センター

企業のブランドイメージを向上させることを目的にした研修を実践している接遇・営業研修センター。ビジネスに於いての言葉遣い、顔の見えない相手への対応方法など顧客に満足を与えるコミュニケーション力などを取り入れ、企業の業績向上につながる人材に教育します。

得られるスキル
会社概要

金融系分野を得意としています。接遇マナーを主に研修に取り入れて企業イメージや営業業績アップを目指している研修センターです。新入社員から管理職、女性営業研修など幅広いセミナーを用意しています。

例2.多彩な講座を用意して企業目的に応じる

ユーキャン

基礎的なビジネスマナーや接客マナーをはじめ、相手にわかりやすく感じよく伝えることを教えてくれるユーキャンの営業研修。顧客の納得を自然に引き出す能力や自発的な行動につなげるビジネスコミュニケーション力、顧客のニーズを理解する力など、営業に必要なスキルを磨く多彩な講座が用意されています。

得られるスキル
会社概要

資格や通信教育講座で知られるユーキャンですが、法人向けの社員教育として集団研修を実施しています。

営業職向け研修には、ビジネスマナーなどの基礎研修のほかに「ビジネスコミュニケーション研修」や「顧客理解とソリューション研修」「女性リーダー育成」など多彩な講座も設置。企業の課題やお悩み、目的に応えるような研修内容をカスタマイズすることも可能です。

例3.体で覚える接客&営業研修

ウイズマナー

講師が前に立って講釈するだけでなく、リアル感のある参加&体感型の研修で、企業の存続や成長につながる人材研修を実践しています。また受講者の「なぜ?」「どうして?」のという疑問に答えながら研修を進めるので、参加者の理解度が深まるのが特徴。営業接客マナーや契約につながる表情、感じの良い電話対応など学びます。

得られるスキル
会社概要

ウイズ株式会社は、国内外18カ所に講師やコンサルタントが在籍する人材育成のサポート会社。メディアでも何度か紹介され、リピート率98%を誇る企業研修を実施しています。ウイズ既存のオリジナルコース(スタンダード)と、企業の要望に応じた特別カリキュラムコース(プレミアム)から選択が可能です。

コミュニケーション術の研修費用一覧の紹介

接遇・営業研修センター

公式サイトに費用の詳細は記載されていませんでした。直接問い合わせてください。

ユーキャン

公式サイトに費用の詳細は記載されていませんでした。直接問い合わせてください。

ウイズマナー

公式サイトに費用の詳細は記載されていませんでした。直接問い合わせてください。

おすすめの接遇研修会社3選

※「新入社員向け」は今回調査した中で費用が最も安く、社歴に応じたコースを唯一用意している『接遇・営業研修センター』、「中堅社員向け」は2019年のオリコン顧客満足度で1位をとった『ANAビジネスソリューション』、「管理職向け」は調査したなかで管理職向け講座を最多の20のコースを用意している『日本能率協会マネジメントセンター』をピックアップしました。(調査は2020年3月現在)